Twilとは

Twilは、「Tweet by Mail」(または「Twitter by Mail」)の省略です。名前の通り、携帯電話からメールを送ることで、Twitterにツイートする(つぶやく)サービスです。メールさえ送れれば、携帯電話に限らず使用できます。Webページさえメールで読める。

Twilの特徴

安全
Twilを利用するためにTwitterのユーザー名とパスワードを登録する必要はありません。OAuth認証という仕組みを使っているので、メールを送る携帯などのメールアドレスを登録するだけです(注1)。
スピーディ
メールなので、携帯電話を開いてすぐ「つぶやき」を書き始められます。サイトへの接続をイライラと待つ必要はありません。
手離れが良い
送信ボタンを押した後は何も気にすることはありません。
簡単
基本的に空メールを送るだけです。登録時に発行されるあなた専用のメールアドレスに空メールを送れば、最新のタイムラインが返信されてきます。メールに本文が書かれていれば、Twitterに書き込まれます。これだけ。
プロフィールや返信、DM、ヘルプを読みたい時、RTや「お気に入り」登録をしたい時は、Webページのように返信メールのリンクをクリックする(リンクされたメールアドレスに空メールを送る)だけです。複雑なコマンドを覚える必要はありません。
写真や動画を添えられる
写真や動画を添付してメールを送ると、写真や動画付きのツイートとなります。写真や動画は、Twilの画像公開サイトの他に、twitpicや「はてなフォトライフ」などに送ることもできます(注2,3)。
写真の向きを修正して、縦横正しい向きで写真を掲載できます。写真にGPSなどの位置情報が埋め込まれていれば、位置情報を付けてTwitterに書き込みます(注4)。
リアルタイムの返信と公式RT通知
Mention(返信)やツイートが公式RTされるとリアルタイムにメールする機能「速達」があります。ツイートからのタイムラグは、数秒。メールの配達時間のみなので、まさに携帯メールで話しているよう。メールの返信ボタン=そのツイートへの返信です(注5)。
多機能
タイムラインの取得と書き込みの方法は、とてもシンプルです。しかし簡単なコマンドをメールの件名に書くことで、返信(自分の名前を含むツイート)とダイレクトメッセージ(DM)の取得の他、検索、フォローなどTwitterのほとんどの操作ができます。詳しい機能と使い方は、「Twilの使い方」を参照してください。
手抜き
「基本的に空メールを送るだけ」のはずなのに、コマンド? でも、それは最初の1回目だけです。
一度コマンドを使って取得した返信やDM、特定ユーザーのツイートや検索結果、リストのタイムラインなどは、以後そのFromアドレスに空メールを送るだけで常に最新の結果を取得することができます。メールアドレスを電話帳に登録しておけば、コマンドを毎回入力する必要はありません。
定期取得に対応
問い合わせなくてもタイムラインや返信などを定期的に取得することができます。定期取得には、タイムラインや返信のほか、DM、リストや特定ユーザのタイムライン、キーワード検索も登録できます。
テキストメールにも対応
Twilは、デコメールなどと呼ばれるHTMLメールが初期設定です。そのため通信量が増えてしまいます。そんな時にはテキストメール。返信メールに書かれているメールアドレスにメールを送ることで、デコメールとほぼ同じ機能が使えます。多くの携帯電話では、メール本文中のメールアドレスを認識します。そのためメールアドレスを自分で手入力する必要はありません。
多少コマンドを覚えれば、よりシンプルなメールスタイルもあります。
もちろん無料
Twilの使用は、無料です。正確には、Google AdSenseなどの広告収入に頼っています(と言っても黒字化には遠く及ばないですが)。有料化しても使ってもらえるような「すごいアイデア」を思いついた場合は、有料版を作る可能性はあります。そしてゆくゆくは、南の島でのリゾートライフが夢かな。

注1 TwitPicやimg.lyなどはユーザ登録やパスワードの登録は必要ありません。しかし、一部の外部の写真公開サイトを使うためには、そのサイトのユーザー名とパスワードを登録が必要となる場合があります。

注2 動画に関しては、一部未対応の機種があります。特にauの古い機種は、動画に音声を付けられないことがあります。

注3 写真の掲載は、「twitpic」と「はてなフォトライフ」の他に「img.ly」に現在対応しています。写真のサイズは、最大4MBです。他のサイトに写真を送った時も、Twilのサイトにも同時に掲載されます。

注4 「イマココ!」ツイートをするには、写真の位置情報を取り込む他に、メール本文に位置情報を示すアドレスを 書くことで可能です。アドレスの挿入方法は、携帯電話のマニュアルを参照してください。

注5 Fromアドレスは、設定によりユーザ毎に同一にすることも可能です。これで、返信をユーザ毎に振り分けることができます。